走行距離10万㎞オーバーでも大丈夫? 古いトヨタ ランドクルーザーの耐久性と部品供給の話

ランドクルーザーの記事|, , , , ,

ランクル60.80.100

純正部品の供給は? 耐久性ってどうなの? 気になる疑問にお答えします

トヨタ ランドクルーザー(以下ランクル)の耐久性の高さや信頼性は日本のみならず、海外でも有名で、それが世界での現在のランクル人気に繋がっています。これまでに世界180ヵ国以上に出荷された実績があり、気温50度を超える中東の地域から気温マイナス20度を下回るシベリアまで、故障知らずのワークホースとして信頼されている4WD車です。しかし、どれほどタフな車であっても部品の消耗は避けられません。世界のランクルと言えど、長い長い距離を走り続けると交換が必要になる部品が出てきます。古いランクルが今も世界中で乗り続けられているのは、単にタフで故障しないことだけが理由ではありません。いざというときに修理に必要な部品が安定して供給されていることも古いランクルが今も高額で取引されているポイントなんです。ちなみに、純正部品の供給期間というのは日本では経済産業省の方針で決められていて、車の生産が終了してから8年目までとされています。「えっ、生産終了後、たった8年で純正部品が無くなっちゃうの?」と思いますよね。実際はそんなことはありません。これはあくまでも、「メーカーはクルマの生産終了後は最低8年目までそのクルマの部品を供給しなさいよ」という国の方針であって、メーカーはそれ以上の期間、部品供給を続けているんです。

人気のランクル

世界的に見ても、ランクルの純正部品供給体制への評価は高い

トヨタの工場で生産されるディファレンシャルギア

ランクルの信頼の高さは、30年以上も続いている純正部品の供給も背景にある

メーカーや車種によって生産終了後の部品供給年数はバラバラですが、生産終了から8年を過ぎたクルマでも需要のある部品は生産を続けます。ランクルは世界的に人気のクルマであることはいまさら言うまでもありません。ですが、ランクル60は生産終了から28年、ランクル80は生産終了から21年、ランクル100でさえ生産終了から10年が経っています。「中古のランクルを買おうとしているんだけど、故障したときのことが心配で踏み切れない」、「自分のランクルはあと何年乗れるんだろう…」こんな悩みを持っている方も当然いらっしゃるでしょう。…ご安心ください。ランクルの部品供給は万全です! 今回は、皆さんのそんな不安を解決するために、生産が終了したランクルの耐久性や、部品供給に関する疑問にお答えします。これからランクルを買おうとしている方も、いまランクルに乗っている方も要チェックな内容ですよ~。

ランクル純正部品の耐久性と故障しやすい箇所とは

ランクル80 アクスル廻り

補器類やアクスルの不具合発生は走行距離10万kmあたりから不具合が出ることが多い

実は、どんなクルマにも設計上故障が多い部分があります。ランクル60、ランクル80はフロントサスペンションにリジッドサスペンションが採用されていて、距離を走るとアクスルの「ナックル(タイヤが曲がる軸となる部分)」と呼ばれる部分に不具合が出るようになります。不具合の原因はオイルシールの劣化によるものがほとんどで、シールが劣化するとナックルからグリスが漏れ出してきます。グリスが漏れると金属同士の正常な潤滑ができなくなり、異音が発生したり、ガタつきが発生してしまいます。ランクル60、ランクル80に共通して故障が多い箇所は他にもあって、エンジンヘッドカバー、ミッションオイルパン、オイルポンプのガスケットや、デスビ(点火装置の一種)のOリングなどですね。これらが劣化してしまうと共通してオイル漏れが発生します。個体差はあるのですが、不具合が出始める走行距離は10万km前後のことがとても多いんです。Oリングやガスケットはゴムなど柔らかい素材がベースになっており、摩耗や消耗が進むとオイル漏れが発生してしまうのは仕方のないことです。そのため、車検や他の箇所の整備の際に問題が出る前にガスケットも交換してしまうのもオススメです。その他、エンジンやミッション、足回りなどに大きな不具合が出るのは稀で、さすがは耐久性の高さに定評のあるランクルと言ったところですね! ちなみに以前、ランクル80アクスルのオーバーホールを紹介した記事がありますので、アクスルオーバーホールについて知りたい方はこちらの記事も合わせて読んでみてくださいね。

走る、曲がる、止まるに必要な部品は供給中なので安心できる

ランクル80VX-LTD

供給終了の部品もあるが リビルト品やサードパーティ製部品で修復可能

世界中で活躍しているランクルは、部品供給の面でも同じ時代の4WD車より優れています。ランクル60を例にあげてお話ししましょう。ランクル60が最初に登場したのは1980年のこと。37年前に設計されたクルマですから、全ての部品がいまでも供給されているわけではありません。ハンドルやシートなどの内装部品、バンパーやグリルなどの外装部品も一部は供給終了になっています。ですが、パッキンやガスケットなどの消耗品、ブレーキなど走行に必要な部品はまだ純正部品が供給されています。ちなみに、オルタネーター(発電機)やセルモーターなどの重要部品についてはリビルト品(再生品)がありますし、マフラーやバンパー、グリルなどの外装部品はサードパーティー製(社外メーカーの製品)で新品が購入できます。省略しましたが、ランクル80とランクル100はまだまだ現役のランドクルーザーですから部品供給の心配はありません。購入したランクルの修理ができないことや、外装リフレッシュができないなんてことはないので安心してお好きなモデルを選んでください。

古いランクルの修理やカスタムはフレックスにお任せください!

経験とノウハウをフルに生かし あなたのランクルライフをサポートします

国内では少ないことですが、海外で走っているランクルの走行距離は30万km超えているなんてあたりまえ、50万km走っているランクルや、なかにはメーター1周(100万km)しているランクルも走っています。ランクルは他の車よりも生涯走行距離を多く想定してつくられています。これは、ランクルは長年乗り続けることを前提に購入する人が多いためで、そのため一般的なSUVでは求められないレベルの品質でエンジンや他の部品が製造されているんです。また、長く乗っているとどうしても発生する修理についてもご安心ください。フレックスには知識と経験が豊富なスタッフが多数在籍していますし、自社工場にはランクルを20年以上修理してきた整備士もいます。古いランクルを永く乗るためのノウハウはどこのお店にも負けません。古いランクルでも安心して乗っていただけるよう、お客さまをフルサポートする体制が整っていますよ。好みのランクルがたとえ古いモデルであっても安心して購入してください。わたしたちと一緒にランクルライフを楽しみましょう!

ランクル オススメの中古車在庫

みなさん、記事をご覧いただいてありがとうございました。フレックスでは全国の店舗であらゆる世代のランドクルーザー、ハイラックスサーフ、ハイエース、JEEPの販売をしていますが、店頭で販売する車両が足りません! そこでみなさまのランドクルーザー、ハイラックスサーフ、ハイエース、JEEPの買い取りを強化しています。

フレックスで車両の乗り換えを考えていない方からの買い取り査定のご依頼も大歓迎です。フレックスでは買い取りさせていただいたランドクルーザー、ハイラックスサーフ、ハイエース、JEEPを自社店舗で直接販売するので、ディーラーや一般店舗での査定額より良い条件を出させていただきます。

一般の車では古すぎたり、走行距離が多過ぎたりする車だと値段がつかないこともありますよね。ランドクルーザー、ハイラックスサーフ、ハイエース、JEEPは非常にタフな車ですし、古いモデルを好んで購入される方も多くいらっしゃいます。そのため、古い年式でも走行10万㎞超の車でも高く買取りいたします。また、一般的には好まれない、カスタムされた車両もしっかり評価させていただきます。皆さんが思い入れをこめてカスタムされた車両をぜひフレックスのスタッフにお見せください。まだ売るには早いけれど、金額だけ知りたいという方、まずは無料査定だけでもお問い合わせください!

シェア

この記事を読んだ方におすすめ

制作・協力

FLEX

ランドクルーザー、ハイエース、JEEPなど。車種を絞り込んだ専門店のFLEXだから、的確な知識と経験でお客様のカーライフをサポートします。ここではランドクルーザーやハイエースを中心に各モデルの特徴、購入時の注意点などを詳細に解説いたします。

HP:公式サイト

FLEXの更新情報を配信中

いつも「FLEX」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、LINE@ にて更新情報を常時配信しています。また新着モデルなどは、ソーシャルメディアの方にて速報として配信しています。ぜひご利用ください。

[ FLEX店舗一覧 ]

新車・中古車の車探しはフレックスへ! 購入からカスタムまでお任せください!

車探しのことなら、中古車から新車までフレックスにお任せください。どんなお車をお探しですか? ランドクルーザー、ハイエースに特化しながらも全国に40店展開しているフレックスなら、お客様の希望にあった車両をお探しすることが可能です。こんなスタイルのランクルが欲しい。カスタムされたハイエースが欲しい。そんな方はぜひフレックスにお尋ねください。全力でサポートさせていただきます。ここは「走行距離10万㎞オーバーでも大丈夫? 古いトヨタ ランドクルーザーの耐久性と部品供給の話 」 に関するページです。

ページトップへ