ランクル100 on TAX

ランクルはガソリンとディーゼルがあり維持費が異なる

トヨタのランドクルーザーといえば、とにかくボディが大柄で重く、大排気量のエンジンを積んでいるイメージを持つ方が多いでしょう。重たいボディに大排気量のエンジン、これからランクルの購入を考えている方はどれくらい維持費がかかるのかとても気になりますよね。今回は毎年かかってくる税金や、車検時にかかる費用、ガソリンエンジンとディーゼルエンジンの違いによる維持費の比較をまとめてみました。これからランクルの購入を考えている方はもちろん、既にランクルオーナーで維持費をもっと抑えたい方にも必見の内容ですよ。ちなみに、ランクルはガソリンが3ナンバーワゴン(普通乗用車)、ディーゼルが1ナンバーバン(普通貨物車)となっていますが、構造変更をすることによりナンバー登録を変更することができるんですよ。こちらのお話は後ほどさせていただきますが、まずはエンジンの話からさせてくださいね。

人気のランクル

維持費の安さや力強い加速で人気を博したディーゼル

r7kitp0000000bd6

かつての日本では、4WD車と言えばディーゼルエンジンだった

ランクル20やランクル55/56などの初期モデルをのぞき、歴代のランクルにはガソリンとディーゼルの2種類のエンジンが用意されていました。一番最初にディーゼルエンジンを搭載したのはランクル40で、1970年代のオイルショックを機に、国内でのディーゼル需要が急増した時代でした。それを機にエンジンの改良も進み、ディーゼルエンジンは高性能化の道を辿ることになります。ランクル40、ランクル60、ランクル70などはは常に複数のディーゼルをラインナップしており、かつては「ランクルを買うなら当然ディーゼル」と言われるほど主流になっていました。頑丈なラダーフレームやリジッドアクスルのサスペンション、年々大型化するボディなど重量増が避けられなかったことから、低回転域で太いトルクを発生させるディーゼルエンジンとランドクルーザーは非常にマッチングが良く、そういう理由でディーゼルエンジンを好むランクルファンが多かったんですね。ガソリンに比べ軽油は燃料単価が安く、アクセルをあまり踏まなくても力強く走るディーゼルエンジンは経済性に優れていました。だからこそ、国内でディーゼルエンジン搭載のランクルがたくさん売れたんです。ガソリンエンジン車は日本以外の国では人気が高かったのですが、ディーゼルに比べパワーで劣り燃費が悪いため、国内ではなかなか普及しない時期が続きました。

ガソリン車の普及が一気に進んだのはNOx・PM法施行以降

r7kitp0000000bcx

排出ガスの規制が厳しくなり、ランクルはガソリン車が主流になってくる

ずっとディーゼルエンジンが優勢だったランクルですが、一気に状況が変わったのは2002年の自動車NOx・PM法施行以降になります。それまで比率の低かったガソリンエンジンが一気に逆転し、ランクル80、ランクル100、プラドでもガソリン車が主流になります。国内ではディーゼルエンジンしかラインナップのなかったランクル70は、販売台数が延びなくなり国内販売を終了してしまうほどでした。そのため、現在市場に出回っているランクルの中古車は2000年付近までディーゼルエンジン車が多く、それ以降はガソリンエンジン車の比率が高くなっています。それではここで、ランクル60、ランクル80、ランクル100のガソリンエンジンとディーゼルエンジンにかかる維持費をそれぞれ見ていきましょう。

ランクル60、ランクル80、ランクル100の平均的な燃費と、1年間にかかる燃料代

ランクル60 ガソリン ランクル60 ディーゼル ランクル80 ガソリン ランクル80 ディーゼル ランクル100 ガソリン ランクル100 ディーゼル
エンジン型式 3F-E 12H-T 1FZ-FE 1HZ 2UZ-FE 1HD-FTE
燃費 4.3km/L 7.0km/L 5.7km/L 7.0km/L 6.5km/L 7.0km/L
1万キロ走行時の燃料代合計 ¥314,010
(¥135/Lで計算)
¥141,471
(¥99/Lで計算)
¥236,790
(¥135/Lで計算)
¥141,471
(¥99/Lで計算)
¥207,630
(¥135/Lで計算)
¥141,471
(¥99/Lで計算)

この表から見て分かる通り、ガソリンエンジンとディーゼルエンジンでは燃料代に大きな差が出てくることが分かります。表では平均的な燃料単価で1万キロ走ったと仮定して計算していますが、もっと距離を乗った場合はさらに維持費に差が出てきます。住んでいる地域の交通状況やクルマの乗り方、燃料単価の違いでも維持費は変わってくるので、表はあくまでも平均的な数値だと考えてくださいね。

ランクルのメンテナンスの話と、車検時にかかる維持費のこと

ランクルは耐久性が高く丈夫だが、メンテナンスには専門的な知識が必要

世界中で活躍しているトヨタのランクル。もともとの設計が頑丈でとても耐久性が高く、部品も豊富にあるため、きちんと整備してあげれば長い年月を乗り続けることができます。ランクル60、ランクル80、ランクル100は絶版車なので、購入する場合は中古車しか選択肢がありません。ランクルはカスタマイズの自由度が高いため、なかにはDIY(自分自身で作業を行うこと)による改造が施されたランクルや、オフロード走行で酷使された個体も見うけられます。ちょっとやそっとの使い方で致命的な損傷を受けるほどヤワな車ではありませんが、選ぶときは慎重にチェックしましょう。そして、ランクルは乗用車と構造的に大きく異なり4WDシステムなど整備に専門的な知識や経験が求められる部分も数多くあります。メンテナンスや車検は経験豊富なフレックスにお任せください。

3ナンバー(乗用車登録)、1ナンバー(貨物車登録)の違いで維持費も大きく変わる

ここでまた、維持費の話に戻させていただきます。ランクルは大きく分けてワゴンとバンがあり、それぞれ登録ナンバーが3ナンバー(普通乗用車)と1ナンバー(普通貨物車)に分かれます。3ナンバーは2年に一回の車検で済みますが、1ナンバーはトラックと同じ扱いになりますので、1年に1回車検を受けることが必要です。「1年に1回車検を受けなければならないなら、たくさん費用がかかりそう…」と思ってしまう方もいらっしゃいますよね。実は、そんなことはないんです。1ナンバー(普通貨物車)は事業用として登録されることがとても多いため、税金面での優遇措置があります。1回の車検にかかる費用を2倍(2年分)にしたとしても、3ナンバー(普通乗用車)より安く収めることができます。それではこちらの表で2年間で発生する車検時にかかる費用を比較してみましょう。ランクル100は初年度登録から13年が経過していない事とし、整備料や手数料は個体によって変わってくるのでやや内容を省略した表になります。

ランクル60、ランクル80、ランクル100のワゴン、バンの2年間にかかる車検費用の比較

ランクル60 ワゴン(乗用) ランクル60 バン(貨物) ランクル80 ワゴン(乗用) ランクル80 バン(貨物) ランクル100 ワゴン(乗用) ランクル100 バン(貨物)
自動車税 ¥152,800 ¥35,200(2年分) ¥175,800 ¥35,200(2年分) ¥176,000 ¥32,000(2年分)
重量税 ¥63,000 ¥37,800(2年分) ¥63,000 ¥37,800(2年分) ¥41,000 ¥24,600(2年分)
自賠責(本土) ¥25,830 ¥47,940(2年分) ¥25,830 ¥47,940(2年分) ¥25,830 ¥47,940(2年分)
印紙代 ¥1,800 ¥3,600(2年分) ¥1,800 ¥3,600(2年分) ¥1,800 ¥3,600(2年分)
車検に必要な費用計 ¥243,430 ¥124,540(2年分) ¥266,430 ¥124,540(2年分) ¥244,630 ¥108,140(2年分)

ここでもまた大きな差が出てきました。1ナンバー(貨物車)登録は3ナンバー(乗用車)登録よりも、2年間で10万円以上安く車検を受けられることが分かります。ディーゼルエンジンで1ナンバー登録のランクル60を、2年間で2万キロ乗ったと仮定してみましょう。そうすると、燃料代で172,539円、車検代で118,890円。ガソリン車で3ナンバー登録のランクル60と比べて、2年間の合計維持費が291,429円も安くなります。これはかなり大きな差ですね。ちなみに、ガソリンエンジンもディーゼルエンジンも、整備にかかる費用はほとんど変わりませんから、維持費にこれ以上差が出ることはありませんよ。

ランクルの防犯と保険料に関するまとめ

車泥棒

一時期ほど盗難被害は減ったランクル100、だけど用心することは忘れずに!

ランクル100は世界中で人気があり、デビュー当時はとても高額な事もあって、車両盗難のターゲットにされることが多かったクルマです。車両盗難が多発した一時期は車両保険への加入条件が厳しくなったり、費用が上がったりする現象が見られました。ですが、デビューからある程度経った現在は、一般的な条件と変わらない程度に落ち着いてきています。イモビライザーなどの盗難防止装置が充実し、値段も落ち着いてきたので、かつてほど窃盗犯に狙われにくくなっているためです。とはいえ、車両盗難被害車リストの上位にランキングされている状況は変わっていません。また、高額車両なだけにナビゲーションなどの高級装備の装着率が高く、車上荒らしの被害にもあいやすい傾向もあります。晴れてランクルオーナーとなる際は、保管場所や駐車場所を慎重に検討し、車両を離れるときは必ずキーを携帯するなど、細心の注意を払ってください。ちなみに、ランクル60、ランクル80、ランクル100、どの型でも登録区分によって任意保険の金額が変わってきます。加入する保険会社によりますが、年間で3千円~1.5万円程度の差で3ナンバー(乗用車登録)の方が高額です。

ランクルのナンバー区分の特徴と維持費に関するまとめ

ランドクルーザー100

1ナンバー(貨物車登録)の方が維持費はダンゼン安い! でもデメリットもあります

ここまでの内容をまとめてみると、1ナンバー(貨物車登録)の方が維持費がかからずオトクにランクルを乗ることができると分かります。ですが、1ナンバーの定義は貨物車ですから、3ナンバー(乗用車登録)から1ナンバー(貨物車)に構造変更するには貨物スペースが必要になってきます。ランクルの8人乗りは3列シートで貨物スペースがありませんから、貨物スペースを確保するために3列目を取り外して5人乗りに変更する必要があります。さらに、2列目背もたれの倒れる角度に制限をつける加工を施さなければならないなど、色々な制約も出てきます。また、高速道路の通行料金が中型料金になりますし、サービスエリアによってはスマートインターで降りることもできなくなります。車検も1年に1回受けなければならないので、少し手間だと感じることもあるでしょう。自分の使い方に合うようにナンバー区分を変更することで、維持費を抑えておトクにランクルライフを楽しめますよ。フレックスにはランクルの維持費を安くするための知識をもったスタッフが多数在籍しているので、もっと詳しく知りたい方はお気軽に全国のフレックスランクル取扱店にご相談くださいね!

ランクル オススメの中古車在庫

みなさん、記事をご覧いただいてありがとうございました。フレックスでは全国の店舗であらゆる世代のランドクルーザー、ハイラックスサーフ、ハイエース、JEEPの販売をしていますが、店頭で販売する車両が足りません! そこでみなさまのランドクルーザー、ハイラックスサーフ、ハイエース、JEEPの買い取りを強化しています。

フレックスで車両の乗り換えを考えていない方からの買い取り査定のご依頼も大歓迎です。フレックスでは買い取りさせていただいたランドクルーザー、ハイラックスサーフ、ハイエース、JEEPを自社店舗で直接販売するので、ディーラーや一般店舗での査定額より良い条件を出させていただきます。

一般の車では古すぎたり、走行距離が多過ぎたりする車だと値段がつかないこともありますよね。ランドクルーザー、ハイラックスサーフ、ハイエース、JEEPは非常にタフな車ですし、古いモデルを好んで購入される方も多くいらっしゃいます。そのため、古い年式でも走行10万㎞超の車でも高く買取りいたします。また、一般的には好まれない、カスタムされた車両もしっかり評価させていただきます。皆さんが思い入れをこめてカスタムされた車両をぜひフレックスのスタッフにお見せください。まだ売るには早いけれど、金額だけ知りたいという方、まずは無料査定だけでもお問い合わせください!

シェア

この記事を読んだ方におすすめ

制作・協力

FLEX

ランドクルーザー、ハイエース、JEEPなど。車種を絞り込んだ専門店のFLEXだから、的確な知識と経験でお客様のカーライフをサポートします。ここではランドクルーザーやハイエースを中心に各モデルの特徴、購入時の注意点などを詳細に解説いたします。

HP:公式サイト

FLEXの更新情報を配信中

いつも「FLEX」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、LINE@ にて更新情報を常時配信しています。また新着モデルなどは、ソーシャルメディアの方にて速報として配信しています。ぜひご利用ください。

[ FLEX店舗一覧 ]

新車・中古車の車探しはフレックスへ! 購入からカスタムまでお任せください!

車探しのことなら、中古車から新車までフレックスにお任せください。どんなお車をお探しですか? ランドクルーザー、ハイエースに特化しながらも全国に40店展開しているフレックスなら、お客様の希望にあった車両をお探しすることが可能です。こんなスタイルのランクルが欲しい。カスタムされたハイエースが欲しい。そんな方はぜひフレックスにお尋ねください。全力でサポートさせていただきます。ここは「トヨタ ランドクルーザーの維持費はどれくらいかかる? 燃費、税金、保険料などを解説! 」 に関するページです。

ページトップへ