大陸の王者「トヨタ ランドクルーザー」シリーズ累計販売台数1000万台を突破!

ランドクルーザーの記事|,

トヨタジープ BJ型

ランドクルーザーシリーズのグローバル累計販売台数が1000万台を突破

世界的に著名なクロスカントリー車「トヨタ ランドクルーザーシリーズ」のグローバル累計販売台数が2019年8月末時点で1001.5万台(トヨタ調べ)となり、1000万台を超えたとトヨタは発表しました!

これは初代にあたるトヨタ・ジープBJ型の発売以降68年間で達成したもので、ランドクルーザーは1つの車名で継続生産されている日本製のクルマの中で最も長い歴史を持っています。

ランクル200 2017デモカー

ランドクルーザーの歴史

ランドクルーザー(通称:ランクル)は、1951年8月1日の初代発売から4年後の1955年11月に初めてのモデルチェンジを受け、20系となり本格的な輸出を開始しました。

以降もランドクルーザーの開発思想である「信頼性、耐久性、悪路走破性」を犠牲にせず、ユーザーのニーズに応えるクルマづくりを一貫して続けてきました。そのポリシーにより世界のユーザーから支持を受け、当初年間100台足らずだった輸出台数は、10年後の1965年には1万台を超えるようになったのです。

現在では約170の国と地域で販売しており、年間グローバル販売台数は約40万台にものぼります。

ランドクルーザー40

製造から50年以上経過したランクル40系が現役!

ランクルはグローバルでトヨタブランドの信頼性を高めることに大きく貢献し、トヨタの輸出拡大の足掛かりとして大きく貢献しました。

またその信頼性、耐久性の高さより、製造から50年以上経ったランドクルーザー40系が未だに現役で活躍している地域も存在しています。

ランドクルーザーのコンセプト

ランドクルーザーはトヨタQDR(Quality : 品質、Durability : 耐久性、Reliability : 信頼性)の象徴であると同時に「世のため、人のため」というトヨタのクルマづくりの原点でもあります。

仕事、生活を営むための心強い相棒として、「人の命や物を運び、移動の夢を叶える」クルマ、「行きたいときに、行きたいところに行って、必ず帰って来られる」クルマ、それがランクルです。

各国で活躍するランクル

ランドクルーザーがないと生活が成り立たない場所が地球上にはたくさん存在しています。

アフリカのブルンジではマラリアに罹った子供を病院に移送したり、ウガンダの難民キャンプでは診療所に患者を運んだり、人道支援の面でも活躍しています。

またオーストラリアでは、亜鉛、銅鉱山の地下1600メートルの坑内で移動車としても使われています。

中米コスタリカでは、標高3500メートルの人が立つのもやっとという急斜面でニンジンの収穫の足として活躍し、「畑まで入っていけるのはランドクルーザーだから」と信頼を寄せている地域もあります。

さらに僻地医療のドクターカーとして、また南極でも活躍しています。ランドクルーザーは、地球上で人がしたいことの可能性を拡げてくれるクルマでもあるんです。

大陸の王者 ランドクルーザーの使命

ランドクルーザー70(ナナマル)プラドは本格クロカン4WDのランドクルーザー70バンをベースにして、より一般的なユーザー向けに開発された初めてのライト系ランドクルーザーです。ランドクルーザー70バンが商用車登録であるのに対し、70プラドは乗用車登録となっておりサイズも経済性も一般ユーザーに身近なポジションです。レトロな外観が今でも多くのユーザーを惹きつけ、未だ人気が高いモデルでもあります。

ランドクルーザーの開発指揮を執るチーフエンジニア小鑓貞嘉氏はランドクルーザーについて、「アスファルト上での走行安定性はもちろん、山岳路やジャングル、砂漠、岩そして川渡りと地球の素肌そのものの上で、いかに地球の懐深くまで分け入れるか。ほかのクルマにはないミッションをランドクルーザーは与えられている。」と語ります。その哲学がステアリングを握る人々の心を躍らせてくれるのでしょうね。

誕生から68年に及ぶ歴史が裏付ける悪路走破性の高さと耐久性・製品としての信頼性の高さは世界中の人々の可能性を拡げてくれるクルマです。

これからも世界中の人々に信頼されるクルマとして、愛され続けるでしょう。

ランドクルーザー おすすめ在庫

ランクルの在庫

記事評価&シェア

  • (まだ評価がありません)
  • FLEXをフォロー

この記事を読んだ方におすすめ

FLEXの更新情報を配信中

いつも「FLEX」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、LINE@ にて更新情報を常時配信しています。また新着モデルなどは、ソーシャルメディアの方にて速報として配信しています。ぜひご利用ください。

[ FLEX店舗一覧 ]

監修者:貴田 晃

大手自動車メーカーでセールス&マーケティングに従事、その後、架装メーカーで乗用車カスタム等のセールス&マーケティングの責任者を担当。現在は、フレックス株式会社でランドクルーザー、ハイエースのコンプリートカスタム車の販売に全力投球中。愛車は、同じ1957年生まれのスカイライン。

ページトップへ