ランドクルーザー90プラド 中古車購入ガイド

ランドクルーザー90プラドとは?

ライバルを圧倒するプラド新時代の始まり

ランドクルーザー90(キュウマル)プラドは1996年5月にランドクルーザー70(ナナマル)プラドの後継として誕生したライト系ランドクルーザーです。ランドクルーザーにおけるこの時期のポジショニングは、高級仕様のフラッグシップであるランドクルーザー80(ハチマル)と、働くクルマのイメージが濃いヘビー系ランドクルーザー70バンの中間にあって、広く4WDファンに向けた仕様・装備としていることが大きな特徴です。それまでのランドクルーザー70プラドは、ランドクルーザー70バンのヘビーなスタイルを共有していたため、乗用車からの乗り換えユーザーが急増した当時の4WD市場にはなかなか浸透しませんでした。トヨタはこの反省を込めてランドクルーザー90プラドを開発し、当時ミドル級4WD市場でナンバーワン人気を誇っていた三菱パジェロに真っ向勝負を挑み、見事リベンジを果たしたのです。ランドクルーザー90プラドのボディはランドクルーザー70バンと決別し、完全にオリジナルのアップライトな近代的スタイルとなりました。エンジンからアクスルに至るパワートレイン系は従来からのハイラックスサーフやタコマ(北米向け小型ピックアップ)との共用度を深めつつフルタイム式に。フレームやサスペンションもランドクルーザー70バンの面影の残るスタイルから一新されました。タフネスな4WDでありながらファミリーにもやさしい、名実ともに堂々ライト系ランドクルーザーとなったのです。

人気のランクル90プラド

ランドクルーザー90プラド 歴代モデルとのボディサイズ&デザイン比較

    
車種 ランドクルーザー70プラド ランドクルーザー90プラド ランドクルーザー120プラド
販売時期 1990年4月~1996年4月 1996年5月~2002年9月 2002年10月~2009年8月
全長 4,615mm 4,690mm 4,715mm
全幅 1,790mm 1,820mm 1,875mm
全高 1,900mm 1,915mm 1,855mm
最小回転半径 6.1m 5.7m 5.7m
車両重量 1,900~1,980kg 1,740~2,040kg 1,880~2,060kg
乗車定員 8名 8名 8名
エンジン種類 ガソリン:設定なし
ディーゼル:2.5L(直4ターボ:2L-T)→3.0L(直4ターボ:1KZ-TE)
ガソリン:2.7L(直4:3RZ-FE)/3.4L(V6:5VZ-FE)
ディーゼル:3.0L(直4ターボ:1KZ-TE)→3.0L(直4ターボ:1KD-FTV)
ガソリン:2.7L(直4:3RZ-FE)→2.7L(直4:2TR-FE)/3.4L(V6:5VZ-FE)→4.0L(1GR-FE)
ディーゼル:3.0L(直4ターボ:1KD-FTV)
4WD方式 パートタイム フルタイム フルタイム
新車時価格 246~321万円 266~352万円305~437万円

※70プラド、90プラド、120プラドはそれぞれ4ドアのスペック
※ボディサイズは代表的最終モデル(オプション装備等を除く)
※車両重量はオプション装備等を除く
※新車時価格は最終型のメーカー希望小売価格(税込)

ランドクルーザー90プラド スペックとボディサイズ

居住性確保のアップライト(縦型)ボディでスタイリッシュに

ランドクルーザー90プラドには先代ランドクルーザー70プラドと同様に2ドアの90(キュウマル)と4ドアの95(キュウゴ)の2種類のスタイルがあります。しかしボディは70プラドとは全く共通性がなく、2ドアは5人乗り、4ドアは8人乗り(5人乗りもあり)でゆとりある居住空間を確保しつつ、時代にマッチしたスタイリッシュかつたくましいオールニューデザインです。バンパーは金属性から樹脂製へ、ヘッドライトは汎用の角目からオリジナルの異形へ、フロントウインドーは傾斜してスポーティなラウンドデザインへ、そしてリアゲートは観音扉式から片側横開き式へと、それぞれ大きく変わっています。内装ではシートポジションを高めに設定して広い視野を確保するランドクルーザーの伝統スタイルを保持。インパネは乗員保護のための衝突時安全性を大幅にアップした現代的なデザインとしています。全面刷新となったボディが載るフレームはランドクルーザー70プラドと同形式のラダー(ハシゴ型)フレームですが、サスペンション形式やボディ構造もそれぞれ一新したのに合わせて完全に新しい構造になりました。サスペンションはランドクルーザーとしては初採用となるダブルウィッシュボーン式の独立懸架をフロントに。リアはランドクルーザー伝統のコイルスプリングとリジッドアクスルの組み合わせ。特にリアサスペンションはストローク量を多めにとって、ランドクルーザーの足としてふさわしいものになっています。これらの変更によって、高速走行時の操縦安定性や乗り心地が格段に向上しています。とはいえ、特にフロントサスペンションがハイラックスサーフなどと同様の独立懸架式ということで、ファンからは耐久性を心配する声が上がりました。しかし、これはダブルウィッシュボーンを構成する上下サスペンションアームの距離を広めにとった高剛性構造。ランドクルーザー用としてはもちろん十分なヘビースペックです。むしろハイラックスサーフ用のサスペンションとしてはオーバースペックとも言える形式なのです。

ランドクルーザー90プラド 仕様&装備の変遷

1996年5月

ランドクルーザー70プラドの後継としてランドクルーザー90プラドが登場。全車とも小型車枠を超える3ナンバーボディとなった。2ドアと4ドアの2スタイルで上位グレードにはオーバーフェンダー付き仕様も設定。エンジンは3.0リッター直4ディーゼルターボと3.4リッターV6ガソリンが用意された。

1997年4月

ガソリンエンジンにおいてV6より税制面で有利な2.7リッター直4ガソリン仕様を追加。最量販グレードを中心に拡大採用。

1998年1月

全車にUVカットウインドーガラスと3列目シートのヘッドレストを標準装備。他にもバニティミラーやプライバシーガラスなどを採用しインテリアにおいてさらに充実。ボディカラーに新色を追加。

1999年6月

3.0リッター直4のディーゼルターボエンジンを改良してパワーアップ。エクステリアではフロントグリルとフロントバンパーのデザインを変更。横基調のデザインを強調して安定感をアピール。インテリアではメーターパネルに高級感のあるオプティトロンメーターを採用。機能面では安全走行をサポートする4輪TRC(トラクションコントロール)、VSC(ビークルスタビリティコントロール)を導入した。

2000年7月

ランドクルーザー70プラド時代から搭載されてきた3.0リッター直4ディーゼルターボエンジンが同排気量まま新開発コモンレール式燃料噴射装置を採用した直4ディーゼルターボエンジンに変更。車両盗難等を予防するイモビライザーも新採用。

ランドクルーザー90プラド エンジン 3RZ-FE

2.7リッター直4ガソリンエンジン車の追加設定で市場は急拡大

ランドクルーザー90プラドのグレードには、当初、下位グレードから2ドアでRJ、RS、RX、RZ、4ドアでは同様にTJ、TS、TX、TZがありました。それぞれ仕様や装備が細かく分けられ、広くユーザーの好みに対応する展開でのスタートだったのです。しかし、この時点でエンジンは3.0リッター直4ディーゼルターボと3.4リッターV6ガソリンの二本立て。人気はディーゼルエンジンの4ドアに集中しましたが、市場の拡大にともない自動車税が低く燃費の良いガソリンエンジンを望む声が大きくなったのです。これに対し1997年4月には2.7リッター直4ガソリン仕様が追加設定されました。新ガソリンエンジンを積むモデルが中間グレードのRXやTXを中心に拡大設定されたのを機に、人気はさらに高まりを見せます。そしてついにライバルのパジェロを圧倒するに至ります。この後も最量販グレードとなった5ドアTXには各種パッケージ車や特別仕様車が追加あるいは限定という形で度々発売され市場を賑わしました。そのため中古車市場では5ドアTXが豊富に存在します。2ドア車はゆったり5人乗り。4ドア車はグレードによって3列シートの8人乗りと2列シートの5人乗りがあり、ライフスタイルに応じて選べる選択肢の豊富さも魅力です。

ランドクルーザー90プラド エンジンの種類

ランドクルーザー90プラドに搭載されたエンジンは、発売当初は前項に記したように3.0リッター直4ディーゼルターボエンジンの1KZ-TEと、3.4リッターV6ガソリンエンジンの5VZ-FEのみ。それが上記にあるように、後にガソリンエンジンに2.7リッター直4の3RZ-FEが追加され、ディーゼルターボでは3.0リッター直4の1KZ-TEがコモンレール式燃料噴射装置採用の直噴1KD-FTVに代わっています。これらの変更が意味することは、2.7リッター直4ガソリンでは手頃な車両価格&より安価な維持費のラインナップ拡大であり、コモンレール式燃料噴射装置採用の3.0リッター直4ディーゼルターボでは、新たなディーゼル排出ガス規制に合致させたクリーン化とパワーアップの両立でした。これほど小刻みに、しかも大きな変更を繰り返したのは、日本のみならず世界市場での急激な人気の高まりに応えるためだったのです。

ランドクルーザー90プラド 試乗インプレッション&レポート

ランドクルーザー90プラド エンジン 試乗インプレ

オールマイティーなディーゼル、2.7Lでも軽快なガソリン

ランドクルーザー70プラドに搭載されて好評だった3.0リッター直4ディーゼルターボはランドクルーザー90プラドに搭載されても元気の良さは変わりません。スタートダッシュでは低速から太いトルクで小気味よく立ち上がり、ターボ効果で回転の伸びはスムーズ。ストレスを感じさせることなく高速域まで加速します。低速走行時のレスポンスこそわずかにターボならではの鈍さを感じますが、それもガソリンエンジンに比べてのこと。市街地から高速道路、さらにオフロードに至るまでの走り全般でたくましさを見せつけてくれる素晴らしいエンジンと言えます。ディーゼルエンジンに加えて発売当初からラインアップされた3.4リッターV6ガソリンエンジンは、軽量コンパクトで小気味よく回る素直な性格が特徴です。3.4リッターという排気量は2トン超えのボディを軽々と引っ張り、ディーゼルターボ以上のレスポンスの良さを見せてくれます。一方で、車両価格の手頃感とリーズナブルなランニングコストを実現した2.7リッター直4ガソリンエンジンの実力は、3.4リッターV6ガソリンエンジンや3.0リッター直4ディーゼルターボエンジンに及びません。しかし、低速時のトルク感や加速性などで違いは明確ですが決して非力というわけではありません。2ドア車では軽いボディのおかげで十分にキビキビとした走りが楽しめますし、4ドア車でも市街地を走る中で実力差を感じることはあってもガッカリするほどのことはありません。この2.7リッター直4ガソリンエンジンを積んだ5ドアTXは最量販グレードとしてモデルライフを通じて高い人気を誇っていました。ランドクルーザー90プラドには実に良くマッチしたエンジンであると言えるのです。

フロント独立懸架をカバーする悪路走行支援の電子デバイス

一部の熱心なランドクルーザーファンにとって、ランドクルーザー90プラドには少々ガッカリさせた点がありました。それはフロントサスペンションが独立懸架式だったことです。物理的にそれまでのコイルスプリング+リジッド式よりもストローク量がさらに目減りすることで、オフロードでのパフォーマンス性に期待できないとファンは嘆きました。しかし、ライト系のミドルクラスとして発売されたランドクルーザー90プラドにおいて、その時期フロントサスペンションの独立懸架化は必須でした。時代が移り変わる中で世界市場では広くユーザー層の要望に応えるため、操縦安定性の大幅アップと乗り心地の一層の向上は義務だったのです。そして乗用車で常識の独立懸架にしてもランドクルーザーらしい高い剛性を確保できる技術が確立されたことで、ランドクルーザー90プラドではフロントサスペンションの独立懸架が実現したのです。しかしながら、それで悪路走破性がガクンと落ちたわけではありませんでした。リアサスペンションでは大きなストローク量が確保されたのです。さらに1999年6月のマイナーチェンジでは4輪TRCが新たに採用されたことで、ランドクルーザー90プラドの悪路走破性は再び熱い注目を浴びるほど向上しました。4輪TRCはオフロードなどで1輪でもスリップするとそのタイヤにブレーキをかけてトルクが逃げるのを防止。同時に接地しているタイヤにそのトルクを分配します。すると、たとえ1輪が浮いてしまうような場面でも何事もなかったかのように悪路を走破してしまうのです。悪路走破性におけるサスペンションのウィークポイントを電子デバイスでカバー。この技術のおかげで、プラドは4WDの本格派としても広く認知されることになりました。オフロードビギナーでも腕に覚えのある古くからのランクルユーザーを負かすことができるかもしれません。

ランドクルーザー90プラド 中古車選びのポイント

価格と維持費を抑えるならやっぱり2.7リッターのTXを選ぶ

エンジンの種類が比較的豊富なのがランドクルーザー90プラドです。グレードは別として新車時の価格を搭載エンジンで見ると、高い方から3.0リッター直4ディーゼル、3.4リッターV6ガソリン、2.7リッター直4ガソリンの順。現在の中古車市場ではもちろん新車時ほどの価格差はありません。ディーゼルエンジンは排気ガス規制の影響もあり、割と安く手に入るでしょう。となるとエンジンよりもグレードや装備にこだわって中古車を探すのも手です。70プラドから90プラドになってグレードの数が急増したため、特にインテリアや快適装備、さらにはメーカーオプションの種類も様々なので、お気に入りを探すのは大変かもしれません。ただし、維持費を抑えたいならやはり選ぶべきは2.7リッター直4ガソリンエンジン車でしょう。市場ではたくさんありますが目当ての装備がついたモデルが比較的探しやすく、安価で手に入りそうです。オフロードスタイルに改造されたモデルの場合はタイヤの大径度合に注意してください。あまり大きすぎるタイヤを履いている場合、2.7リッターのガソリンエンジンではトルク不足が目立ってしまうからです。スタイリングとタイヤサイズのバランスをよく見て購入を決めたいものです。

最後に・誰でも楽しめる本格4WDのエントリーモデル

ランドクルーザー90プラドの魅力は、何と言っても誰にでも楽しめる4WDであること。ファミリーで出かけるドライブでは乗り心地が良く快適で長距離移動も楽チン。荷物はたくさん載るからキャンプにも気軽に出かけられます。オフロードに入ればそのスタイルとは裏腹に驚くほどのパフォーマンスを発揮。カスタムでは豊富なパーツでその存在感をアピールするのも簡単です。そしてやはり耐久性に優れたランドクルーザーの一員なので、壊れにくく長く付き合えることも大きな魅力。近頃はワゴンをちょっと背高にしたクロスオーバータイプのSUVが人気を集めていますが、もっとドライブや遊びの可能性がたくさん詰まった本格4WDワールドへのエントリーとして、ランドクルーザー90プラドを選んでみてはいかがでしょう。

ランクル90プラド オススメの中古車在庫

関連記事
Related Articles

みなさん、記事をご覧いただいてありがとうございました。フレックスでは全国の店舗であらゆる世代のランドクルーザー、ハイラックスサーフ、ハイエース、JEEPの販売をしていますが、店頭で販売する車両が足りません! そこでみなさまのランドクルーザー、ハイラックスサーフ、ハイエース、JEEPの買い取りを強化しています。

フレックスで車両の乗り換えを考えていない方からの買い取り査定のご依頼も大歓迎です。フレックスでは買い取りさせていただいたランドクルーザー、ハイラックスサーフ、ハイエース、JEEPを自社店舗で直接販売するので、ディーラーや一般店舗での査定額より良い条件を出させていただきます。

一般の車では古すぎたり、走行距離が多過ぎたりする車だと値段がつかないこともありますよね。ランドクルーザー、ハイラックスサーフ、ハイエース、JEEPは非常にタフな車ですし、古いモデルを好んで購入される方も多くいらっしゃいます。そのため、古い年式でも走行10万㎞超の車でも高く買取りいたします。また、一般的には好まれない、カスタムされた車両もしっかり評価させていただきます。皆さんが思い入れをこめてカスタムされた車両をぜひフレックスのスタッフにお見せください。まだ売るには早いけれど、金額だけ知りたいという方、まずは無料査定だけでもお問い合わせください!

シェア

制作・協力

FLEX

ランドクルーザー、ハイエース、JEEPなど。車種を絞り込んだ専門店のFLEXだから、的確な知識と経験でお客様のカーライフをサポートします。ここではランドクルーザーやハイエースを中心に各モデルの特徴、購入時の注意点などを詳細に解説いたします。

HP:公式サイト

FLEXの更新情報を配信中

いつも「FLEX」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、Feedly にて更新情報を常時配信しています。また新着モデルなどは、ソーシャルメディアの方にて速報として配信しています。ぜひご利用ください。

[ FLEX店舗一覧 ]

新車・中古車の車探しはフレックスへ! 購入からカスタムまでお任せください!

車探しのことなら、中古車から新車までフレックスにお任せください。どんなお車をお探しですか? ランドクルーザー、ハイエースに特化しながらも全国に40店展開しているフレックスなら、お客様の希望にあった車両をお探しすることが可能です。こんなスタイルのランクルが欲しい。カスタムされたハイエースが欲しい。そんな方はぜひフレックスにお尋ねください。全力でサポートさせていただきます。ここは「トヨタ ランドクルーザー90プラド(95プラド):中古車購入ガイド 」 に関するページです。

ページトップへ