ランドクルーザー90プラドの人気カスタムスタイル

リフトアップかノーマル車高が基準のランクル90プラド・カスタムプラン

ランドクルーザー70プラドの後継として1996年に登場した二代目プラドの90プラド。中でも人気が高かった5ドアモデルは現在も「95プラド」と呼ばれてランクルファンに親しまれています。初代70プラドからの進化で最も大きなポイントは、ミドルクラスの王道4WDとしてのスタイリッシュなボディ、ランドクルーザー史上初採用となった独立懸架式フロントサスペンション、経済性の高いディーゼルターボエンジンとゆとりあるパワーのV6ガソリンエンジンの搭載などですね。これらのおかげで打倒王者パジェロ(当時の人気ナンバーワン4WD)というトヨタの悲願を2代目プラドでようやく果たし、日本の4WD市場の中心に君臨する人気車となりました。ただし、フロントサスペンションが独立懸架であるため、往年のランクルファンからは当時、オフロード向けのリフトアップカスタムはできないのでは?とか、オフロードから離れたイメージはドレスアップに不向きでは?などの不安の声もありました。しかしながら、車両そのものの人気が後押しし、カスタムメーカーの努力によってフロントサスペンションのリフトアップキットやグリルやバンパーなどを中心としたエクステリアカスタムがたくさん生まれたのです。現在のカスタム傾向は、ラギッドなオフロードスタイルやシンプルなアウトドアライフをイメージしたリフトアップが主流です。ただし、FLEXではクラシックスタイルのランドクルーザー70プラドへのリスペクトから、レトロルックだけれどまったく新しいふたつのコンプリートカスタムをランクル90プラドで実現し販売しています。ランドクルーザー90プラドとはどんな4WDだったのでしょう。興味がわいたなら下記の関連記事もご覧ください。クルマそのものの魅力を知ることになり、好みのカスタムのカンどころも見つかるでしょう。

人気のランクルプラド90

ランクル90プラド(95プラド) 人気カスタム手法の紹介

ランクル90プラドのカスタムはマスクのイメチェンと2インチアップが人気

ランクル90プラドのフロントサスペンションは独立懸架式。ダブルウィッシュボーン式というスタイルで、コイルスプリングを組み合わせているタイプです。この形式は現行のランドクルーザー150や200と基本的な構造は同じとなっています。ランドクルーザー100はダブルウィッシュボーン式ですが、スプリングが棒状のトーションバーとの組み合わせなのでランクル90プラドとは少々異なります。いずれにせよ、快適な走りを保つためにも、走りの安全性のためにも、このサスペンション形式においてスプリング交換によるリフトアップは2インチ(約5センチ)までと考えるのが一般的です。たった2インチ?と思うファンもいるかもしれませんが、ランドクルーザー90プラドはランクル100や80などの、より大柄なランドクルーザーに比べると2インチアップでも十分に存在感がアップします。また、タイヤ&ホイールを含めたカスタムによるルックス向上も絶大です。エクステリアでは、シンプルながらイメージがガラリと変わるマスクまわりの整形カスタムが人気。ヘッドランプユニットやグリルのカスタムパーツは豊富で、ちょっと見渡せばきっと好みの顔が見つかります。ランクル90プラドの中古車市場では、こうしたカスタム車がたくさん揃っています。カスタムパーツはまだまだ豊富に揃っているので、他のカスタムを参考に自分のオリジナルスタイルを作り上げることも容易ですね。

リフトアップとホイール&タイヤのカスタム

似た形式のサスペンションを備えたランクル100ではハイリフトに加えてローダウンもカスタムの範疇ですが、ランドクルーザー90プラドでは標準車高ベースかスプリングを交換するなどして2インチアップとするカスタムが主流です。ボディサイドの面がストンと落ちていてフロントガラスにやや角度がついたランクル90プラドは、2インチアップのリフトアップスタイルがとてもよく似合うのです。ランクル90プラドは他のランクル同様にラダーフレーム付きの車体構造を持っていますから、もちろんそれ以上のリフトアップも可能です。少数派ではありますが、ボディとフレームの間にスペーサーを入れてボディのみを持ち上げることから、ボディリフトと呼ばれている方法です。この方法とスプリング交換によるリフトアップを組み合わせるとかなり大きなタイヤを履かせることができるので、ボディ全体の迫力アップが狙えます。しかし、こうした中古車を選ぶことも、カスタムする際は注意が必要です。超個性的なスタイリングが完成する反面、走りの性能や安全性、乗り心地などで失うことも少なくないからです。さて、スプリング交換による2インチのリフトアップですが、もちろんタイヤ&ホイールのサイズアップとセットのカスタムが基本となります。オーバーフェンダーを装着すればタイヤサイズはさらに拡大方向に自由度が増します。その分、カスタム費用もグッとアップしますが、ボディカラーやフロントマスクのカスタムの度合に応じてホイールのサイズやデザインを決める楽しさがあります。

リフトアップとホイール&タイヤのカスタム

ホイールカスタムは18インチまでは選択肢が豊富

ホイールとタイヤはランクル90プラドのカスタムにとっても極めて重要なファクターです。リフトアップを2インチとしたら、タイヤはノーマルサイズのひとまわり大きなものまでが基準になります。ホイールはタイヤに合わせてノーマル(16インチ)の外径保持か、予算があるなら18インチ程度までのインチアップがオススメです。タイヤはノーマルに準じたオールテレーンタイプがスタンダード的ですが、マスクを中心にエクステリアをワイルドに変えるならあえてブロックパターンのオフロードタイヤをチョイスしたいところです。16インチ〜18インチのホイールはデザインもサイズ(インセット・オフセット)も豊富に揃っています。あくまでもエクステリアカスタムの方向性に沿わせるようなデザインを選びましょう。

コンセプトが楽しいコンプリートカスタムを選ぶのもアリ

ランドクルーザーの中古車を扱うFLEXでは、FLEXオリジナルのカスタムスタイルにチャレンジし続けています。ランクルマニアであればランクル70プラドをベースとしたクラシックスタイルのコンプリートカスタム車をご存知かも。実はFLEXではランクル90プラドでも2種類のコンプリートカスタムを手がけています。その第一弾が東京オートサロン2016に出品してSUV部門最優秀賞を受賞した「アメリカンクラシック」です。カスタムテーマは、古き良きアメリカの街並みや荒野に似合うクルマ。ランクル78プラドのマスク、メッキバンパー、ボディサイドのウッドパネルなどが盛り込まれたエクステリアが何より目立ちます。また、最新のオリジナルコンプリート第二弾として発表されたのは「カラーボム」。こちらはビビッドなボディカラーにポップなオリジナルの丸目2灯マスク、アグレッシブなオーバーフェンダー、オフロードレース仕様の大径ホイール&タイヤを組み合わせたラギッドでありながらクラシカルな印象。こちらは大阪オートメッセ2016で初披露されて好評を博しました。これらふたつのコンプリートカスタムは他のどんなカスタムとも似ていない個性豊かなデザインだけに乗り手を選ぶかもしれません。興味があればまず実車を確かめてから。詳しくは以下の関連記事をご覧ください。

実際の車両で比較するランクル90プラドのカスタム

カスタム車両と比較用のノーマル90プラド写真

さまざまなカスタムスタイルのランクル90プラドを紹介

FLEXランクル取扱店では、様々なランクル90プラドの中古車をストックしています。その中から、スタイリングがまとまっていて、個性をスマートにアピールするカスタム例を紹介していきます。ランクル90プラドの代表的なノーマル車のスタイリングを上に掲載しましたので、スタリングの比較用としてカスタム車と見比べてみてください。マスクが変わるだけで、車高がアップするだけでこれほどカッコよくなるんだと思うこと間違いありません。

ランドクルーザー90プラド・車高アップのカスタムサンプル

ランクル90プラドはフロントサスペンションの構造上、足まわりだけのカスタムでは車高アップの限度はランクル80ほど高くはありません。繰り返しになりますが、サスペンションの構造が似たようなランクル100や120/150プラドと同様に、スプリング交換で2インチほど持ち上げるのがカスタムの理想形です。たとえ2インチと言っても効果は絶大なのもランクル90プラドのいいところ。エクステリアやタイヤ&ホイールでどんなカスタムと組み合わせても、決して下品なスタイルに陥ることはないでしょう。ランクル90プラドのスタイルは2インチ上げたこのスタイルこそがスタンダードなのだとさえ思えます。またランクル90プラドにはエアロ系のカスタムパーツが少ないのですが、90プラドのボディには元々エアロがあまり似合わないので気にすることはありません。もちろんノーマル車高でもタイヤ&ホイールの交換は走り的にも視覚的にも効果的なカスタムです。選ぶタイヤによってではありますが、1サイズ大径のタイヤを選ぶと存在感がグッとアップします。選ぶタイヤによってというのは、トレッドパターンがアグレッシブなオフロードタイプだと大径化でタイヤがホイールハウスの内側に当たってしまう可能性があるからです。タイヤ選びの際は、リフトアップ時もノーマル車高保持でもプロに相談するのがセオリーです。

ランドクルーザー90プラド・フロントマスクのイメチェンカスタム

ランクル90プラドのマスクはノーマルではだいぶおとなしい万人ウケする優等生顔です。樹脂製のヘッドランプユニットのレンズは古くなると曇ってくることもあり、思い切ってノーマルの顔から決別して新しいランクルスタイルを作りたいものです。幸いランクル90プラドのマスク用リプレイスパーツは豊富に揃っています。新車販売が終了してからも増え続けるその種類は様々で、3ドア車や輸出仕様車のような丸目2灯で縦スリットのグリルとしたものや、そのデザインをさらにアレンジした愛嬌のある表情が人気です。こうしたマスクはリフトアップスタイルやオフロード車っぽいラギッドなカスタムとの相性もとても良好です。

FLEXランクル取扱店のランクル90プラドのカスタム車両を紹介

FLEXランクル店では常時100台近いランクル90プラドを保有しております。ランドクルーザーの中古車の中で最も人気が高いのはランクル100や80ですが、近頃のランクルファンの間ではランクル90プラドのカスタムやカスタムされたランクル90プラドの関心も高まってきているようです。ここで取り上げるのはそんなランクル90プラドのごく一部でしかありませんが、十分にカスタムの種類や雰囲気を感じ取れるでしょう。ランクル90プラドは中古車価格がこなれてきていることもあり、カスタムにもアプローチしやすいことや、コンプリートカスタム車も意外に安価で手に入ります。気になるモデルが見つかったなら、気軽に各店舗へ問い合わせてみましょう。

ランクルプラド90 オススメの中古車在庫

関連記事
Related Articles

みなさん、記事をご覧いただいてありがとうございました。フレックスでは全国の店舗であらゆる世代のランドクルーザー、ハイラックスサーフ、ハイエース、JEEPの販売をしていますが、店頭で販売する車両が足りません! そこでみなさまのランドクルーザー、ハイラックスサーフ、ハイエース、JEEPの買い取りを強化しています。

フレックスで車両の乗り換えを考えていない方からの買い取り査定のご依頼も大歓迎です。フレックスでは買い取りさせていただいたランドクルーザー、ハイラックスサーフ、ハイエース、JEEPを自社店舗で直接販売するので、ディーラーや一般店舗での査定額より良い条件を出させていただきます。

一般の車では古すぎたり、走行距離が多過ぎたりする車だと値段がつかないこともありますよね。ランドクルーザー、ハイラックスサーフ、ハイエース、JEEPは非常にタフな車ですし、古いモデルを好んで購入される方も多くいらっしゃいます。そのため、古い年式でも走行10万㎞超の車でも高く買取りいたします。また、一般的には好まれない、カスタムされた車両もしっかり評価させていただきます。皆さんが思い入れをこめてカスタムされた車両をぜひフレックスのスタッフにお見せください。まだ売るには早いけれど、金額だけ知りたいという方、まずは無料査定だけでもお問い合わせください!

シェア

制作・協力

FLEX

ランドクルーザー、ハイエース、JEEPなど。車種を絞り込んだ専門店のFLEXだから、的確な知識と経験でお客様のカーライフをサポートします。ここではランドクルーザーやハイエースを中心に各モデルの特徴、購入時の注意点などを詳細に解説いたします。

HP:公式サイト

FLEXの更新情報を配信中

いつも「FLEX」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、Feedly にて更新情報を常時配信しています。また新着モデルなどは、ソーシャルメディアの方にて速報として配信しています。ぜひご利用ください。

[ FLEX店舗一覧 ]

新車・中古車の車探しはフレックスへ! 購入からカスタムまでお任せください!

車探しのことなら、中古車から新車までフレックスにお任せください。どんなお車をお探しですか? ランドクルーザー、ハイエースに特化しながらも全国に40店展開しているフレックスなら、お客様の希望にあった車両をお探しすることが可能です。こんなスタイルのランクルが欲しい。カスタムされたハイエースが欲しい。そんな方はぜひフレックスにお尋ねください。全力でサポートさせていただきます。ここは「トヨタ ランドクルーザー90プラド:人気のカスタムスタイル 」 に関するページです。

ページトップへ