ハイエース200系最終モデル? 2022年4月一部改良で変わったのは? | 中古車・中古車検索ならFLEX<フレックス>

ハイエース200系最終モデル? 2022年4月一部改良で変わったのは?

ハイエースの記事|, , , ,

ハイエース 2022年4月 一部改良

進化を続けてきた200系ハイエース

6型から一部改良が行われた

トヨタ ハイエースが一部改良を施されて2022年4月13日に発売されました。主な改良点は以下の3点です。
「パーキングサポートブレーキ(前後方静止物)を標準装備」
「ディーゼルエンジン車は燃費を向上し、『平成27年度燃費基準+15%達成』とあわせ、エコカー減税対象」
「スーパーGL(バン)とGL(ワゴン)に標準装備のフロントフォグランプをLED化」
安全装備やエコ性能、さらには外装光り物パーツのリニューアルなどを施した今回の一部改良について注目してみましょう。

マイナーチェンジと一部改良を繰り返した200系ハイエース

2004年に登場した現行モデルのハイエース(200系)はこれまで3度のマイナーチェンジを受けてきました。前回マイナーチェンジされたのは2013年で、外観上の変更点としてはバンパーにグリルが大きく食い込むラージと呼ばれるスピンドルグリル風のフェイスデザインになったことです。そんな現行モデルは一部改良を数回受けています。

200系6型からの変更点

オプションの安全装備が全車標準化して安全性がさらに向上

ハイエース 2022年4月 一部改良 パーキングサポート

今回の変更の主なポイントのひとつが「パーキングサポートブレーキ(前後方静止物)を標準装備」したことです。ハイエースにはトヨタセーフティセンスと呼ばれるミリ波レーダーと単眼カメラを組み合わせた安全装備を備えていますが、従来はAT車にメーカーオプションだったインテリジェントクリアランスソナー「パーキングサポートブレーキ(静止物)」が新たに標準装備されることになりました。
ハイエース 2022年4月 一部改良 この機能はアクセルの踏み間違いや踏みすぎで起こる衝突を緩和する機能です。車庫入れの時などに、壁などの静止物が接近してきたのを表示とブザーで知らせる機能で、接近を検知するとエンジン出力を抑制します。さらに距離が縮まると自動(被害軽減)ブレーキを作動させるという安全装備です。これまで安全性能を充実させてきたハイエースですが、今回の一部改良でさらに一歩レベルの高いセーフティカーへと進化しました。

燃費がよくなったディーゼルエンジン

次にポイントになるのがディーゼルエンジン車の変更です。主に平成27年度燃費基準+15%燃費に適合させるための変更が施されています。現行モデルのディーゼルエンジンである1GD(2.8L直4ディーゼルターボ)搭載車は燃費が最大1.2km/L向上し、WLTCモードで12.5km/Lとなりました。これによりエコカー減税の対象となっています。ディーゼル車を最新の規制に適合させる改良で、根強い人気を誇るディーゼル車ユーザーも安心して利用できる車両となりました。
ハイエース 2022年4月 一部改良 さらにディーゼル車の排ガス処理システムにはアドブルー(尿素SCRシステムで使用する還元剤)が必要ですが、今回の一部改良でタンク容量を拡大(7.4L→10.4L)しています。これによりアドブルーの補充間隔が延長され、普段使いの利便性がさらにアップしました。またマルチインフォメーションディスプレイにはアドブルーの残量を表示する機能も追加され、普段の管理も視覚的に行えるようになっています。

フォグランプがLED化

ハイエース 2022年4月 一部改良 LEDフォグランプ

外観での違いは、スーパーGLやワゴンGLのフロントバンパー内にビルトイン装着されているフォグランプがLED化されています。ランプハウスは従来モデルに対して小型化され、デザインも変更されました。ちなみにフォググリルのアウトラインは従来と同様のようです。今回の一部変更で外観上のもっとも大きな違いはこのフォグランプとなります。LED化されたこともあり、フォグランプの変更を検討している方には、交換バルブなどの適合などが気になるところでしょう。

ボディカラーや細部の変更もあり

ハイエース 2022年4月 一部改良

さらにカラーリングでは、ダークブルーマイカメタリック、ラグジュアリーパールトーニングの2色が廃止(ラグジュアリーパールトーニングはワゴンでは継続)となりました。また、内装装備の細かな変更点として、コクピットに装備されていた灰皿照明が廃止されています。
寒冷地仕様ではフロントガラスの雪の付着・凍結を防ぐフロントシールドデアイサーが新たに装備され、より低温時の快適性や安全性が向上しています。

200系最終モデルか、それともさらに進化を続けるのか?

ハイエース 2022年4月 一部改良

安全装備やディーゼル車の改善、さらには内外装の部分的な変更なども加えられ、ますます魅力的なモデルへと進化したハイエース。海外ではすでにハナの出た300系が主流になってはいるものの、国内では従来通りの1BOX・キャブオーバースタイルの200系が健在です。先代モデルは6型などと呼ばれていたので、今回の変更で7型と呼ばれるのでしょうか? 果たしてこのモデルが200系ハイエースの最終形になるのか、それとも今後も独自の進化を続けていくのか? ハイエースファンにとっては今後の開発の動向から目が離せそうにありませんね。


>>ハイエースのお求めは全国のFLEXのお店で

記事評価&シェア

  • (まだ評価がありません)
  • FLEXをフォロー

この記事を読んだ方におすすめ

FLEXの更新情報を配信中

いつも「FLEX」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、LINE@ にて更新情報を常時配信しています。また新着モデルなどは、ソーシャルメディアの方にて速報として配信しています。ぜひご利用ください。

あなたが最近チェックしたクルマ(FLEXの中古車・新車をすべて見る)

主要車種・条件から探す

監修者:貴田 晃

大手自動車メーカーでセールス&マーケティングに従事、その後、架装メーカーで乗用車カスタム等のセールス&マーケティングの責任者を担当。現在は、フレックス株式会社でランドクルーザー、ハイエースのコンプリートカスタム車の販売に全力投球中。愛車は、同じ1957年生まれのスカイライン。

ページトップへ