【車好きがこだわる】トヨタ ハイエース用 FLEXオリジナルボンネット〝Delfino Line”が発売開始!

ハイエースの記事|, , , , ,

ハイエース用 FLEXオリジナルボンネット

一味違うフロントマスクを求めている方のためのDelfino Line! 通販も業販もOK!

標準ボディ、ワイドボディ用をラインナップ

ハイエースのカスタムで定番人気なのは一目見て違いがわかるフロントマスクのカスタムですよね。フロントリップスポイラーにはじまり、フロントグリルやウィンカーなど豊富なアフターパーツでカスタムすることができます。さらに顔つきにアクセントをつけたい方にオススメなのがボンネットの交換です。純正のシンプルなボンネット形状も悪くはありませんが、リップや灯火類まで変更するのでしたらフロントマスクのセンターを占めるボンネット形状にもこだわってみてはいかがでしょう? FLEXハイエース取扱店ではお客様に日々そういった提案をさせていただいており、この度、FLEXオリジナルのハイエース用ボンネット〝Delfino Line(デルフィーノライン)”を開発いたしました。最新の4型ハイエースの標準ボディ(ナローボディ)、ワイドボディ用に合わせてラインナップをご用意しましたが、1型~4型すべてのハイエースに装着可能です。なお、〝Delfino Line”シリーズにはボンネット以外にもフロントスポイラーのラインナップもあります。また〝Delfino Line”シリーズやその他豪華パーツを盛り込んだコンプリートカー「URBAN WILD」もフレックスハイエース取扱店で販売中です。お気軽にお問い合わせください。

ボンネットセンター部分にはグリル形状にフィットする2本のライン入り

Delfino LineはFRP製で、デザインの特徴はセンター部分に入れられた2本のラインです。販売時は無塗装もしくは純正単色カラーに塗装しての販売となりますが、こちらのサンプル製品は左右を艶消しブラック、センターを艶有りブラックで塗り分けてみました。ライン部分で少し高さを変えてありますので、単色カラーでも陰影が変わりフラットな形状ではないことがアピールできますよ。もう少しわかりやすいデザインのボンネットも開発時には検討しましたが、あまりに派手な形状にしてしまうとボンネットが目立ち過ぎてしまうため、ほどよい形状にするのにこだわって今のデザインとなりました。フロントグリルの形状とボンネットのラインを組み合わせは、どことなくレクサスのスピンドルグリル形状を思わせるデザインとなっているのも注目していただきたいポイントです。

ハイエース各店が製作したDelfino Line装着済み車両

FLEXハイエース取扱店が製作したDelfino Line装着済みハイエースのサンプルを上記でご紹介します。皆さまのハイエースに取り付けた際の参考にしてくださいませ。なお、Delfino Line装着済みハイエースは各店で販売中です。全国のDelfino Line装着済み車両の在庫は下記よりご覧ください。

Delfino Line(デルフィーノライン)の詳細

適合車種 4型標準ボディ、ワイドボディのハイエース
※標準ボディ、ワイドボディともに1~4型で装着可能。
素材 FRP
価格 標準ボディ無塗装 ¥48,000(税抜)
標準ボディ純正単色カラー塗装 ¥78,000(税抜)
ワイドボディ無塗装 ¥53,000(税抜)
ワイドボディ純正単色カラー塗装 ¥83,500(税抜)
※現状は塗装対応が可能なカラーはブラックマイカメタリック《209》のみとなります
業販設定もありますので全国の各店にお問合せください。詳細なご質問はFLEXハイエース千葉北本店(043-259-3663)までご連絡ください。
送料 全国一律:4,800円
※沖縄、その他離島への送料は別途お問合せください。

ハイエース・レジアスエース オススメの新車・中古車在庫

関連記事
Related Articles

記事評価&シェア

  • (まだ評価がありません)
  • FLEXをフォロー

この記事を読んだ方におすすめ

FLEXの更新情報を配信中

いつも「FLEX」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、LINE@ にて更新情報を常時配信しています。また新着モデルなどは、ソーシャルメディアの方にて速報として配信しています。ぜひご利用ください。

あなたが最近チェックしたクルマ(FLEXの中古車・新車をすべて見る)

[ FLEX店舗一覧 ]

監修者:貴田 晃

大手自動車メーカーでセールス&マーケティングに従事、その後、架装メーカーで乗用車カスタム等のセールス&マーケティングの責任者を担当。現在は、フレックス株式会社でランドクルーザー、ハイエースのコンプリートカスタム車の販売に全力投球中。愛車は、同じ1957年生まれのスカイライン。

ページトップへ