ハイエース300系は2020年に登場? フルモデルチェンジ後の新型ハイエースを大胆予想

ハイエースの記事|, , ,

フルモデルチェンジを行い、ハイエースは300系へ

現行のハイエース200系は2004年8月に誕生しました。それから3度のマイナーチェンジを経て、現在は4型のハイエース200系が現行車として販売されています。先代のハイエース100系は1989~2004年までと15年間新車で販売されていましたが、ハイエース200系も新車販売からすでに15年弱(2019年4月現在)経っており、いつフルモデルチェンジされてもおかしくない時期です。

トヨタからの正確な公式リリース情報はまだありませんが、2016年5月16日付けの日刊自動車新聞によると2019年に日本とタイで生産開始、日本ではハイエースとして販売され、海外ではエースという名称になると報じられています。これまで次期ハイエース300系は2017年に発表(東京モーターショーで発表?)、2018年に販売開始と噂されていましたが、世間の予想よりもだいぶ遅れていますね。それでは今、流れている噂を基に次期ハイエース300系がどんな車になるのかを予想してみましょうか。なお、ハイエースの歴史について知りたい方はこちらの記事、現行のハイエース200系について知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

人気のハイエース・レジアスエース

フルモデルチェンジしたハイエース300系はセミボンネット型へ変更?

衝突安全性の確保のため、欧州のプロエースではセミボンネット型が採用された

2016年5月16日付けの日刊自動車新聞の情報では、次期ハイエースがセミボンネット型になるのが濃厚なようです。現行のハイエースは運転席の下にエンジンがあるキャブオーバー型と呼ばれるボディタイプになっています。ハイエースがキャブオーバー型となっているのは、積載性や居住性を良くするために荷室・居住スペースを広く取ることができるからです。ハイエースの魅力として、普通免許で乗ることができる車としては最大限のボディサイズとなっていて、荷室の広さもキャブオーバー型にすることで確保されていることが挙げられます。一方でボンネット部分が無いことのデメリットもあります。

一般車ではボンネット部分は衝突時に衝撃を吸収するクッションの役割も担っていますが、ハイエースにはそれがないため、どうしても居住スペースに衝撃が伝わってしまいます。もちろんトヨタ側もそれは承知していて、ドライバーや同乗者にダメージを与えないようフロント部分にはロアメンバーやアッパーメンバー、強化されたドアビームなどが採用され、異常なほど頑丈なボディに設計されています。また、エアバッグやABSなどの装備はもちろん、ステアリング&ブレーキペダル後退低減機構や頸部傷害低減シートなどの工夫も採用されています。ハイエースの安全性についてはハイエースのWebサイトで紹介されていますので、そちらをご覧ください。

参考までにハイエース200系1型の衝突安全性テストの様子を紹介します。フロント下部でしっかりと衝撃を吸収し、キャビンが守られているのがわかりますね。

一方、次期ハイエース300系で採用される可能性の高いセミボンネット型ですが、エンジンが運転席の真下ではなく、やや斜め前に配置される形式になります。アルファードやヴェルファイアのような車がセミボンネット型の代表例ですね。短いとはいえボンネット部分が確保され、衝突安全性能はキャブオーバー型よりも確実に高くなります。ただし、ボンネット部分の長さが確保されたことで荷室はどうしてもキャブオーバー型より短くなってしまいます。積載性の良さ、居住スペースの広さがハイエースの最大の魅力なので、300系ハイエースがセミボンネットになってもさまざまな工夫が施されるでしょう。けれど、セミボンネット型が次期ハイエースに採用されたら200系よりは荷室が狭くなることは確実です。

フルモデルチェンジしたハイエースは欧州のプロエースのようになる?

欧州ではセミボンネット型のプロエースが活躍中

日本国内では販売されていませんが、トヨタは2013年からプロエースというセミボンネット型の貨物車を欧州で販売しています。現行型で2代目となるプロエースはジュネーブ・モーターショー2016で発表され、話題の的となりました。プロエースはセミボンネット型のワンボックス車で、2タイプのボディサイズを持っています。

プロエースは全長4,600mm、全幅1,920mm、全高1,910mmの「コンパクト」と、全長4,959mm、全幅1,920mm、全高1,910mmの「ミディアム」、全長5,309mm、全幅1,920mm、全高1,940mmの「ロング」からなる3種類が用意されていて、全幅は共通して1,920mmとなっていますから、200系のハイエースよりは少し大柄ですね。日本で使うには少々大きく思えますが、最近の車はだんだんと大型化されていますから、このプロエースのボディサイズが次期ハイエースのサイズになってもなんら不思議ではありません。しかし、プロエースがそのま日本に導入されることは非常に考えづらいです。下にプロエースの画像ギャラリーを用意したので、フルモデルチェンジされた300系ハイエースのイメージをしてみてください。

フルモデルチェンジされたハイエース300系のエンジン

クリーンディーゼルは採用確定、ハイブリッドは未設定か

現行のハイエース200系はバンとコミューターには2.8Lディーゼルエンジンが採用されていますが、ワゴンには2.7Lのガソリンエンジンのみの設定となっています。フルモデルチェンジされたハイエース300系では150プラドに採用されているクリーンディーゼルエンジンの採用が濃厚ですが、次期ハイエースにはワゴンにもディーゼルエンジンが設定される可能性が高いです。2015年にはランドクルーザー150プラドに新しい2.8Lディーゼルエンジンが採用され、次いで現行型ハイエースにも搭載されました。

燃費に優れ、トルクが太い最近のディーゼルエンジンは貨物車に搭載するエンジンとしても非常に優秀で、昔のディーゼルエンジンに比べて環境性能も大幅に向上しているので、ワゴンにもぜひ採用して欲しいですね。一方、ハイエースにもハイブリッドエンジンを搭載して欲しいという声も聞かれますが、これはどうも無さそうです。大型車の電動化、ハイブリッド化の流れが最近はありますが、エンジンとモーター、そして大きなバッテリーを搭載するハイブリッドカーはガソリン車やディーゼル車と比べて室内スペースが取られてしまう上、重量増にもなってしまいます。セミボンネット型が採用され、さらにハイブリッド化されるとなれば荷室スペースは200系ハイエースよりも大幅に狭くなってしまうでしょう。こういった点から、フルモデルチェンジされたハイエース300系にはハイブリッドエンジンの採用は無いと予想します。

フルモデルチェンジしたハイエース300系は200系と併売される可能性も

フルモデルチェンジしたハイエースでは用途に合わない人も居る

話が戻りますが、次期ハイエースがプロエースのようなセミボンネット型になることはほぼ確定でしょう。しかし、普段から積んでいる荷物のサイズが現行のハイエースでギリギリという方も大勢いらっしゃるでしょうから、ハイエースがフルモデルチェンジしても乗り換えられない方が出てくることと思います。そこで考えられるのが、200系ハイエースとフルモデルチェンジした300系ハイエースの並行販売です。

「フルモデルチェンジしたら、前の型の製造は終わりなんじゃないの?」と思う方も居ると思いますが、必ずしもそうとは限りません。一番身近なところで例えるとトヨタのプリウスが挙げられます。先代モデルとなる30系プリウスは2009年1月から発売が開始されましたが、先々代の20系プリウスも2011年の12月まで並行して販売されていました。これは、プリウスの燃費性能は欲しいが価格は安価なものが欲しいというビジネスユーザーの声に答えたもので、ハイエースユーザーのニーズにも同じような現象が起こる可能性は大いにあり得ます。よって、200系ハイエースと300系ハイエースの併売という可能性も捨てきれません。

いかがでしたでしょうか。以上のようにハイエースのフルモデルチェンジにはさまざまな可能性が秘められているので、正式な発表が非常に待ち遠しいですね。ハイエース専門店のフレックスとして、ユーザーさまに常に最新の情報を届けられるよう情報の網を張りますので、ハイエースのフルモデルチェンジに関する今後の情報を楽しみにしていてくださいね!

みなさん、記事をご覧いただいてありがとうございました。フレックスでは全国の店舗であらゆる世代のランドクルーザー、ハイラックスサーフ、ハイエース、JEEPの販売をしていますが、店頭で販売する車両が足りません! そこでみなさまのランドクルーザー、ハイラックスサーフ、ハイエース、JEEPの買い取りを強化しています。

フレックスで車両の乗り換えを考えていない方からの買い取り査定のご依頼も大歓迎です。フレックスでは買い取りさせていただいたランドクルーザー、ハイラックスサーフ、ハイエース、JEEPを自社店舗で直接販売するので、ディーラーや一般店舗での査定額より良い条件を出させていただきます。

一般の車では古すぎたり、走行距離が多過ぎたりする車だと値段がつかないこともありますよね。ランドクルーザー、ハイラックスサーフ、ハイエース、JEEPは非常にタフな車ですし、古いモデルを好んで購入される方も多くいらっしゃいます。そのため、古い年式でも走行10万㎞超の車でも高く買取りいたします。また、一般的には好まれない、カスタムされた車両もしっかり評価させていただきます。皆さんが思い入れをこめてカスタムされた車両をぜひフレックスのスタッフにお見せください。まだ売るには早いけれど、金額だけ知りたいという方、まずは無料査定だけでもお問い合わせください!

シェア

この記事を読んだ方におすすめ

制作・協力

FLEX

ランドクルーザー、ハイエース、JEEPなど。車種を絞り込んだ専門店のFLEXだから、的確な知識と経験でお客様のカーライフをサポートします。ここではランドクルーザーやハイエースを中心に各モデルの特徴、購入時の注意点などを詳細に解説いたします。

HP:公式サイト

FLEXの更新情報を配信中

いつも「FLEX」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、LINE@ にて更新情報を常時配信しています。また新着モデルなどは、ソーシャルメディアの方にて速報として配信しています。ぜひご利用ください。

[ FLEX店舗一覧 ]

新車・中古車の車探しはフレックスへ! 購入からカスタムまでお任せください!

車探しのことなら、中古車から新車までフレックスにお任せください。どんなお車をお探しですか? ランドクルーザー、ハイエースに特化しながらも全国に40店展開しているフレックスなら、お客様の希望にあった車両をお探しすることが可能です。こんなスタイルのランクルが欲しい。カスタムされたハイエースが欲しい。そんな方はぜひフレックスにお尋ねください。全力でサポートさせていただきます。ここは「ハイエース300系は2020年に登場? フルモデルチェンジ後の新型ハイエースを大胆予想 」 に関するページです。

ページトップへ