【最新版】見た目はランクル100で中身は80、トヨタ ランドクルーザー105とは何か?

ランクル100の記事|, , , , ,

r7kitp0000000fkv

オフロード性能を追求した80系の足回りを100系に引き継いだハイブリッドモデル

フロント独立懸架化によって高いオンロード性能を手に入れたランドクルーザー100系でしたが、オーストラリアなど一部の国では相変わらず過酷な状況での耐久性や悪路走破性、積載性など、ランドクルーザー80系で好評だったワークホースとしての性能が求められました。そこで、ボディはランドクルーザー100系としながら、エンジンや駆動系などのシャーシーはランドクルーザー80系から流用し、脚まわりも前後リジッド式コイルとした海外専用の仕様がランドクルーザー105というモデルです。

外見こそランドクルーザー100系ですが、乗り味はランドクルーザー80系そのもの。オンロードでは鷹揚と、オフロードでは長いサスストロークを活かした這うような走りが可能です。インテリアのデザインはランドクルーザー100系のものですが、国内仕様にはないベンチシート、ビニールフロアの簡素装備なスタンダードグレードも用意されました。エンジンはランドクルーザー80系と同じ4.5リッター直6ガソリンエンジン 1FZ-FE型と4.2リッター直6ディーゼル1HZ型というラインナップです。

ランドクルーザー105は国内仕様の100系にはないガソリンの5MT仕様も存在し、オーストラリアでは大変な人気を獲得し、キャンピングカーや作業車のベース車両として活躍しました。ランドクルーザー105は日本に逆輸入された個体も存在し、ほんの僅かですが中古車市場で流通しています。

記事評価&シェア

  • (1 投票, 平均: 1.00 / 5)
  • FLEXをフォロー

この記事を読んだ方におすすめ

FLEXの更新情報を配信中

いつも「FLEX」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、LINE@ にて更新情報を常時配信しています。また新着モデルなどは、ソーシャルメディアの方にて速報として配信しています。ぜひご利用ください。

あなたが最近チェックしたクルマ(FLEXの中古車・新車をすべて見る)

[ FLEX店舗一覧 ]

監修者:貴田 晃

大手自動車メーカーでセールス&マーケティングに従事、その後、架装メーカーで乗用車カスタム等のセールス&マーケティングの責任者を担当。現在は、フレックス株式会社でランドクルーザー、ハイエースのコンプリートカスタム車の販売に全力投球中。愛車は、同じ1957年生まれのスカイライン。

ページトップへ