ランドクルーザープラド120系

ランドクルーザープラド120の概要

90系の成功をベースにさらに高級路線へ

プラド120系の国内デビューは2002年10月のこと。現行型プラド150系の1世代前のモデルとなる120系は、海外向けではレクサスGX470として展開されるなど、このクラスの高級化に拍車をかけたモデルでもあります。大成功を収めた90系で地盤固めを行ったプラドは、プラド120系でさらに質感やパフォーマンスの向上を図りました。メインのマーケットであるヨーロッパでデザインされたフォルムは、プラド90系の流れを汲みつつも斬新なボディラインで近代化され、タフなクロスカントリー車のイメージも強調されたデザインへと進化を遂げました。

また、H∞-TEMS+車高調整機能付きリア電子制御エアサスペンションやAI-SHIFT付5速オートマチックトランスミッション、VSC(ビークルスタビリティコントロール)、アクティブTRCなどといった先進技術の採用が一気に加速した一方で、マニュアルトランスミッションの廃止(国内のみ)や、排気ガス規制によりディーゼル車が販売終了となったのも、この120系からでした。

ランドクルーザープラド120のエンジン&バリエーション

直4ガソリンエンジンが人気

発売当初のエンジン設定はプラド90系から踏襲され、2.7リッター直4ガソリンの3RZ-FE型、3.4リッターV6ガソリンの5VZ-FE型、そして3リッター直4ディーゼルターボの1KD-FTV型が搭載されていました。その後、直4ガソリンは2004年8月に新開発の2TR-FE型(最高出力151PS/最大トルク24.6kgm)に、V6ガソリンは2005年7月に新開発で排気量が4リッターに拡大した1GR-FE型(最高出力249PS/最大トルク38.8kgm)へとリニューアルされました。プラドは90系の時代から、最上級グレードやV6エンジン搭載車よりもコストパフォーマンスに優れた直4ガソリン車の中間グレードが人気でした。その傾向はプラド120系でも同様です。

国内では規制によりディーゼル車の販売が終了

なお、ディーゼル車は当時の排気ガス規制(自動車NOx・PM法)クリアが困難になり、2007年に販売を終了します。ボディバリエーションは従来同様3ドア・ショートと5ドア・ロング2タイプでしたが、標準(ナロー)ボディ車が姿を消し、ワイドボディのみの設定となりました。グレードは、5ドア・ロングにTS、TX、TX、TZ、3ドア・ショートにはRSとRZがそれぞれ設定され、TXには限定車として「リミテッド」や「5人乗り仕様」、TZにはトップグレード車として「Gセレクション」などが設定されました。なお、モデル末期には3ドア・ショート車が姿を消し、5ドア・ロング車のみのラインナップとなっています。

ランドクルーザープラド120のシャーシ&総評

コンピューター制御の先進技術×信頼性の高い機械式機構の組み合わせ

サスペンションはプラド90

ただし、4WDシステムは、センターディファレンシャルギアにトルセンLSDを採用したフルタイム4WD方式。状況に応じた前後トルク配分を機械式で行うシステムが全車に採用されていました。この他、リア・ディファレンシャルギアにマニュアル式のデフロック機構をオプション設定するなど、全てを電子制御に頼っているわけではありません。肝心な部分には信頼性の高い機械式システムを採用しているところがランドクルーザーらしいですね。

ランドクルーザー120プラド オススメの中古車在庫

記事評価&シェア

  • (まだ評価がありません)
  • FLEXをフォロー

この記事を読んだ方におすすめ

FLEXの更新情報を配信中

いつも「FLEX」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、LINE@ にて更新情報を常時配信しています。また新着モデルなどは、ソーシャルメディアの方にて速報として配信しています。ぜひご利用ください。

[ FLEX店舗一覧 ]

監修者:貴田 晃

大手自動車メーカーでセールス&マーケティングに従事、その後、架装メーカーで乗用車カスタム等のセールス&マーケティングの責任者を担当。現在は、フレックス株式会社でランドクルーザー、ハイエースのコンプリートカスタム車の販売に全力投球中。愛車は、同じ1957年生まれのスカイライン。

ページトップへ