【知ってお得】トヨタ ランドクルーザー150プラドを買うなら中古or新車? お得な買い方を解説

ランクルプラド150の記事|, , ,

150プラド 宇都宮店

ノーマルの良質な車両からカスタム済みまで選べる150プラド

こんにちは。ランクル宇都宮店の店長、中澤と申します。フレックスランクル宇都宮店はランドクルーザー200150プラドFJクルーザーなどの高年式のカスタマイズ車両を多数取り揃えるとともに、良質なランドクルーザー80ランドクルーザー100シグナスランドクルーザー60などのレトロなモデルまで取り扱っているランドクルーザーのトータルプロショップです。最近は高年式のランドクルーザーの価格が下がってきて、ランドクルーザー200や150プラドが購入しやすくなり、多くお問い合わせをいただいています。そこで、今回はランクル宇都宮店で特に人気が高くなっている、150プラドにフォーカスを当ててお話しをさせていただきたいと思います。

ランドクルーザープラド150の購入を検討しているお客さまから頂くご相談で多いのは、「新車で買うか、中古車で買うか迷っている」というご相談です。正直全てのお客さまに対して「こちらがいい!」と断言することはできません。お客さまによって予算やライフスタイルが違うので、マッチしてくる150プラドの個体が変わってくるためです。そこで今回は「せっかく買うのだから、少しでも自分に合った買い方をしたい」と思っているお客さまに対して、新車と中古車の選び方の解説をしていきたいと思います! これから150プラドの購入を検討している方は、ぜひ記事を最後まで読んで参考にしてくださいね。

ランクル宇都宮店 中澤店長

ランクル宇都宮店

中澤 次男

お客さんとしてランドクルーザー60を購入したのがきっかけでフレックスに入社。ランクル宇都宮店の店長を務める。家族揃ってのランドクルーザー好き。現在の愛車は左ハンドルのFJクルーザーで、ランドクルーザー40の増車を計画中。趣味は釣り。

150プラドを新車で購入する場合と中古で購入する場合の違い

ベース価格に惑わされがちな新車! 中古車と比較するなら装着済みのオプションで比較するべし

冒頭でもお話しさせていただきましたが、150プラドの購入を考えているお客さまの多くは、新車と中古車を比較して購入しています。前期型(2009年9月~2013年8月)や中期型(2015年6月~2017年8月)の150プラドであれば中古車しか選択肢がありません。一方後期型(2017年9月~)の150プラドになると、中古車も新車も選択することができますが、車両価格に数万円の差しか開かないこともあります。これは、150プラドが世界中のマーケットで人気があり、中古車価格が極端に下がりにくい事も原因のひとつだからです。ですがここで間違って欲しくないのが、「車両価格に差がないなら、新車を買った方がいいじゃないか…」と決めつけてしまうこと。確かに車両価格だけを見てしまうと、新車と中古車の価格に差がないように感じてしまいます。ご存じだと思いますが、新車の車両価格はオプションが何も着いていない状態の価格です。細かい部分だとドアバイザーやフロアマットも別料金ですし、150プラドの人気装備、LEDヘッドランプやサンルーフなどは10万円以上もするオプションです。例えば、新車で一番安いTX5人乗り、ガソリン2.7Lの新車車両価格は税込み3,964,582円です。ここから、LEDヘッドランプやサンルーフ、ナビなど主要な装備を着けていくと、150プラドのTX5人乗り、ガソリン2.7Lの乗り出し価格は4,796,469円になってしまいます。新車乗り出し価格は、車両本体価格より83万円も上がってしまうんですよ。中古車はオプションなど全て着いた値段で値決めされていますから、諸費用以外に追金が発生することもありません。ナビなどのオプションやカスタムが充実した中古車を選ぶ事で、新車よりずっとおトクに150プラドを購入することができますよ!

ディーゼルの150プラド発売で中古車市場価格に変化が表れた

150プラドは一番人気のガソリン2.7Lモデルが値下がり中で狙い目!

中期型のランクルプラド150(2015年6月~2017年8月)は、2007年7月を最後に姿を消していた95プラドのディーゼルエンジン搭載車以降、8年ぶりに蘇ったディーゼルエンジンを搭載したプラドとしても話題になりました。2015年6月以前まで発売されていた150プラドはガソリンエンジンしかラインナップが無かった為、ディーゼルエンジンを心待ちにしていた150プラドオーナーは、ディーゼルエンジンを搭載した150プラドにこぞって乗り換えました。そんな事もあって、それまで高い価格を維持していたガソリンモデルの150プラドの中古車市場価格が全体的に下がったんです。確かにディーゼルモデルの150プラドの良さはたくさんありますが、ガソリンモデルの150プラドが良くないという訳ではありません。静かでなめらかなフィールのエンジンで、パワーも適度で街中で扱いやすい、とてもバランスの取れたエンジンだと言えます。ですから、ディーゼルエンジンに特別なこだわりが無いのであれば、中古車価格が比較的安い2.7Lガソリンモデルがオススメです! 全国のフレックスランドクルーザー取扱店では、2.7Lの150プラドが試乗できる店舗もあります。乗り味が気になる方は、ぜひ最寄りのフレックスランドクルーザー取扱店にご連絡くださいね。

ランドクルーザープラド150の前期、後期の違い(後期はオプションでLEDヘッドライトが選択可能)

前期(2009年9月~) 中期(2013年9月~)ハロゲンライト 中期(2015年6月~2017年8月)LEDライト
車両写真 150プラド 前期 150プラド 後期ハロゲン 150プラド 後期LED
解説 ランドクルーザープラド120の後継として登場。5ドアのみとなり全車オーバーフェンダーレスの3ナンバーボディに。搭載エンジンは4.0L V6と2.7リッター直列4気筒のガソリンエンジン2機種となった。 マイナーチェンジ。フロント廻りのデザインを変更。インフォメーションディスプレイがカラー液晶に変更された。走行モードを4→5モードに増し、上級グレードはロービームにLEDを採用した。 4.0L V6ガソリンに代わって2.8L 直列4気筒のクリーンディーゼルエンジンを採用。TX/TX/Lパッケージでディーゼルエンジンと2.7Lガソリンが選べる。TZ-Gはディーゼルエンジンのみ設定。

カスタムパーツも豊富にあり、トコトン遊べる150プラド!

150プラド FLEX2017デモカー

フレックスでは、新車ベースのコンプリートカーやオリジナルカスタムパーツも販売中

いかがでしたでしょうか? 150プラドの購入を新車か中古車で迷っている方は、おトクに買える選び方が分かっていただけたと思います。150プラドは全国のフレックスランドクルーザー取扱店で人気の高いモデルなので、オリジナルパーツの開発も積極的に行っているんですよ。また、新車をベースにしたカスタマイズ済みのおトクなコンプリートカーもラインナップしていて、こちらもとても人気があります。フレックスオリジナルパーツや、新車コンプリートカーの事が詳しく分かる、オリジナルのリーフレットもご用意しています。資料請求は無料となっていますので、ぜひお近くのフレックスランドクルーザー取扱店にご連絡ください。ちなみに、ランクル宇都宮店のスタッフは生粋のランドクルーザーマニアばかりです(笑)。150プラドにとても詳しいスタッフも在籍していますので、お近くの方はぜひランクル宇都宮店に遊びに来てくださいね。おいしいコーヒーを飲みながら、ランドクルーザープラドのことで楽しく盛り上がりましょう!

店舗案内

ランクル宇都宮店

ランクル宇都宮店

リフトアップの良質なランドクルーザー80を軸にランドクルーザー100、シグナス、70と豊富に取り揃えております。大人気のFJクルーザーもお任せ下さい。FLEXならではの全国ネットワークを駆使して最高の一台をあなたに。 アクセスも良い宇都宮店。是非ご来店ください。

記事評価&シェア

  • (まだ評価がありません)
  • FLEXをフォロー

この記事を読んだ方におすすめ

FLEXの更新情報を配信中

いつも「FLEX」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、LINE@ にて更新情報を常時配信しています。また新着モデルなどは、ソーシャルメディアの方にて速報として配信しています。ぜひご利用ください。

[ FLEX店舗一覧 ]

監修者:貴田 晃

大手自動車メーカーでセールス&マーケティングに従事、その後、架装メーカーで乗用車カスタム等のセールス&マーケティングの責任者を担当。現在は、フレックス株式会社でランドクルーザー、ハイエースのコンプリートカスタム車の販売に全力投球中。愛車は、同じ1957年生まれのスカイライン。

ページトップへ