【最新版】トヨタ ランドクルーザープラド70:初代プラド誕生。ワゴンとして進化開始

ランクルプラド70の記事|, , , , , ,

lcp70

ランドクルーザープラド70の概要

一般ユーザーにも受け入れられたライト系ワゴン

1990年春、ランドクルーザー・シリーズのマイナーチェンジで70系ワゴンが大幅な変更を受け、「プラド」と命名されました。これがランドクルーザープラドのデビューとなります。ランドクルーザー70系バンはランドクルーザー40系のイメージが受け継がれたフロント回りのデザインが与えられていますが、70系プラドには70系バンとは異なる専用デザインが採用されました。ライト系ワゴンとして独自の路線を歩み始めた70系プラドですが、当初のパワートレインやサスペンションは、既存型の改良にとどまったため2ドア車の型式はLJ71Gのままでした。

しかし、8人乗り/4ドア車の追加や、エンジンの電子制御化によるパワーアップ、オートマチック車の設定などは大きな進化として受け入れられたのです。さらに、その後のワイドフェンダーモデル(3ナンバー車)追加や、よりパワフルなエンジン搭載などの変更を経て、不人気だったランドクルーザー70系ワゴンから一転、人気モデルへと変貌していくきっかけを手に入れたのでした。

ランドクルーザープラド70のエンジン&ボディバリエーション

エンジン、グレードは3種類

プラドデビュー時に搭載されたエンジンは、従来の2L-T型を電子制御化した2L-TE型。最高出力97PS(NET)/最大トルク24.5kgmと、よりパワフルになった2.4リッター直列4気筒OHCディーゼルターボでした。これに組み合わせるトランスミッションは、従来の5速マニュアルに加えて、電子制御式4速フルオートマチックも設定されました。トランスファーは従来どおりローレンジを備える2速仕様となっています。その後、1993年5月のマイナーチェンジで、3リッター直列4気筒OHCディーゼルターボの1KZ-TE型エンジンが搭載されました。最高出力130PS(NET)/最大トルク29.5kgmを発生するこの新型エンジンは、それまでのプラドの非力なイメージを一掃するに充分なパフォーマンスを発揮したのでした。

ボディバリエーションは2ドア・ショート(リアゲートが左右開きの観音扉であるため「3ドア」とは言いません)と4ドア・セミロング(同じ理由で「5ドア」ではない)の2タイプでしたが、’91年8月には3ナンバー登録となるワイドフェンダー仕様車がそれぞれに追加されました。デビュー当初のグレード・バリエーションは、標準のLX5、上級のSX5、最上級のEX5の3タイプでスタートし、その後、SX/EXグレードにワイドフェンダー車が追加され、さらに4ドアワイド車に「リミテッド」バージョンが追加されるなど、後期モデルではより豊富な選択肢が用意されるようになりました。

ランドクルーザープラド70のエクステリア&インテリア

フロント回りはワイルドさを抑えてデザイン

ボンネットとフロントフェンダーのデザインが変更され、角目2灯式ヘッドライトとすることでランドクルーザー70系バンのイメージが払拭され、プラドにはより乗用車的なテイストが与えられました。キャビンやリアボディーはランドクルーザー70系バンと変わらないスクエアなデザインであったため、ライト系とは言え、依然としてヘビーデューティーなクロスカントリー4WDのイメージは維持している…という印象の強いモデルです。

インテリアでも、乗用車化を意識したデザインが施されてはいるものの、基本はランドクルーザー70系バンと同様スパルタンなイメージを踏襲していました。ただし、新型ディーゼル(1KZ-TE型)が搭載されたマイナーチェンジ以降、つまり後期モデルではダッシュボードが丸みを帯びたデザインに変更され、インパネの鉄板むき出し部分もカバーされるなど、“70系臭”を払拭する改良が行われ、バンとの差別化が積極的に進められました。

ランドクルーザープラド70の総評

ライトなデザインだが中身はタフなランドクルーザー

こうした改良や変更により、従来のランドクルーザー70系ファンとは明らかに違うプラド固有のファンも徐々に増えていき、サブネームだった「プラド」は、それだけで通用するモデル名となっていきました。70系プラドとは、「乗用車感覚の気軽さで乗れるけれど、中身はタフなランドクルーザー」…そんなポジションを確立し、独自のユーザー層を育ていく土台固めに貢献したモデルと言えるでしょう。

記事評価&シェア

  • (まだ評価がありません)
  • FLEXをフォロー

この記事を読んだ方におすすめ

FLEXの更新情報を配信中

いつも「FLEX」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、LINE@ にて更新情報を常時配信しています。また新着モデルなどは、ソーシャルメディアの方にて速報として配信しています。ぜひご利用ください。

[ FLEX店舗一覧 ]

監修者:貴田 晃

大手自動車メーカーでセールス&マーケティングに従事、その後、架装メーカーで乗用車カスタム等のセールス&マーケティングの責任者を担当。現在は、フレックス株式会社でランドクルーザー、ハイエースのコンプリートカスタム車の販売に全力投球中。愛車は、同じ1957年生まれのスカイライン。

ページトップへ